Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

ルミネの“女性応援CM”が炎上──女性をけなす第1話に非難殺到

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150320-00000035-it_nlab-sci

ルミネのCM。地味目な(十分美人に見えるけど)な女性が、男性同僚にけなされ、小綺麗な女性と比較され、変わらなきゃ…と努力をはじめる、という「女性応援CM」。
ネットで女性蔑視だと大炎上しているようです。
女性は、男性にモテはやされるために綺麗にしていないと駄目っ! というメッセージ性を感じます。
避難轟々なのはわかる。
よく企画通ったなー、コレ。と、思います。
ていうか、最近こういうCM多いよね。
ボンカレーのCMとかも、女性応援とかいいつつ、女性を追い込むCMに見えましたし、当のママさんから避難されていました。

でもなー…。
男性が求める女性像って、結局コレなんだよね。
婚活視点から見ると、このCMは正しい。
料理が好きってことにしましょう、ピンクのワンピースを着ましょう、柔らかい雰囲気のナチュラルメイクしましょう、髪は優しい印象になるようふわっと巻いて…と、婚活ではとにかく男性が求める女性像を作り上げるよう推奨されます。
書類選考で選んでもらい、第一印象で残れないと、次はないですから。

でもやっぱり、私はこのCMには不快感を覚える。
職場が舞台だからかなー。
職場は働く場ですし、職場の華になるより、単なる仕事仲間として需要があったほうがいいのでは。
と、思ってしまうタイプだから、私は職場恋愛とかできなかったのでしょう(苦笑)。

実際んとこ、職場は今なお結婚する男女の知り合った場所NO1ですし、結婚したければ職場でモテるのがてっとり早いと思います。
職場の華になって、たくさんの男性にアプローチされて、社内で一番の出世頭と結婚して寿退社なんて、女の花道じゃないですか。
このCMの何が悪いのかわからない、当然じゃない? って思える女子は結婚早そうです…。
イラっとしてしまう私は結婚遅かったです。

自然体のままのお互いを好きになって、結婚できたらいいのにね。
だけど、手持ちのボロ服で現れて、女性をリードする素振りすら見せず、自分が好きな話題ばかり話すような自然体の男性がいたとして、再び会う気になるかというと難しいかも。
ある程度の異性への媚びは、やっぱり必要よね…。