Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

婚活していると、婚活と名のつくイベントやサイトに目が行きますが、Facebookやツイッター、LINEなどのソーシャルメディアの活用も忘れたらいけません。
特にFacebookにはFacebookと連携した婚活サイト的なアプリもあり、やらなきゃ損! という状態ですが、そこまでダイレクトでなくても、婚活中にソーシャルメディアをやるメリットはたくさんあります。

メリット1
・楽しく出会いが増える
 オフ会や、数人で会ってみようという話になるプチオフは、出会いのチャンスです。
 まあ、出会い厨は嫌われるという説もあるので、婚活イベントと同じノリでがっついたら嫌われる可能性もありますが、お友達から行くには有効な手段でしょう。
 Facebookは特にビジネス目的で利用している人も多く、その一環で婚活・ビジネス・友達作り目的などいろいろな交流会が開催されています。ビジネス目的でない遊びイベントも多いです。
 招待制が多いですが、招待されていない人も歓迎のものもあります。
 サークルグループ的なものもいろいろあります。
 管理人もFacebookで募集していたイベントを通じて、新しい友達が増えました。年代幅広く。男女問わず。
 相手も出会いを求めているとは限らないし、年齢も年収もわからないし、アプローチもデートも婚活出会いほど簡単にいかないのがネックだけど、条件から入るのではない自然な出会いが期待できるというメリットは大きいですよね。

メリット2
・連絡先の交換が気楽
 職場やサークル、合コンなど、婚活まではいかないけど出逢いチャンス!というのもありますよね。
 そういうときに、携帯やメールアドレスの交換はきっかけがなくてなかなか…ということもありますよね。
 というか、気になる異性とさくっと連絡先交換できるようなタイプは、婚活界では少数派ではないでしょうか。
 そういう時、ソーシャルメディアのアカウントなら、聞き出すのも、友達申請出すのも、携帯やメルアドに比べて敷居が下がりますよね。
 一旦繋がってしまえば、1対1のやりとりは、しようと思えば簡単ですから。
 あと、LINEは絶対やったほうがいい。
 飲み会での連絡先交換で、皆がふるふるで繋がっているのに、やっていない…自分だけメールで…というのは、ちょっぴしカッコ悪いし、チャンス逃しちゃうこともあるかもしれませんよ。

メリット3
・息抜き(笑)
 婚活中は、何かと自分を作ったメールを書いてしまいがち。
 婚活で知り合った人と手探り状態の時のメールって、大なり小なり疲れますよね。
 遠慮なく、愚痴吐くってワケにもいかないですし。
 気軽に文章書き込める場があるっていいものですよ。
 好き放題書きなぐって、ストレス発散しちゃいましょう。
 婚活って自分を否定されることが多い場。Facebookでいいね!してもらったり、ツイッターでつぶやきに反応してもらうのは、お手軽な承認欲求を満たす手段でもあります。
 いいね! してもらって、自信を回復して、婚活という戦場に再び出向きましょう!!