Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

ネット婚活は危ない。
安全・安心を求めて結婚相談所へ。

間違ってはいないと思います。
ネット婚活の場合は、免許証をスキャンしてデータ転送や、クレジットカードがあることが年齢や確認だったりします。
勤め先や年収証明は任意です。

一方、結婚相談所は、身分証明書は必須です。
戸籍謄本の提出など、公式の証明を求められます。
ただし、勤務先の証明や、年収の証明が必須かというと、結婚相談所によります。女性の場合は必要ないことが多いです。
男性の場合は確認しているんですよね? と、所属した結婚相談所に尋ねたところ、800万など高収入の場合は必須にしている、という答えでした。

モテたさに高収入を語る男性も問題ですが、結婚したさに、普通年収(400万〜500万)だと上乗せして語るちょっと低年収(200万〜300万)の男性も問題だと思うのですが…。

年収証明や勤務先証明を必須にしている大手結婚相談所ですら、変更があった際にデータを変更しないなどの抜け道が存在します。

また、管理人の実感として、結婚相談所で会った人すべてが誠実であったかというと、残念ながらそうではありませんでした。

正式な交際申し込み前に肉体関係に持ち込もうとした男性。
初対面から体の相性やこれまでの経験について聞いてくる男性…。

実際に存在しました。
身元をしっかりしていて、結婚する気が確実にあることは確かですが、全ての異性に対して誠実であるとは限らないのです。
実際、体の相性を理由に、やることだけ一応やっておこう、という男性は存在しましたから。
ただし、ネット婚活やパーティーのほうが、比率は高いでしょう。
また、結婚相談所のタイプでも、成婚料が高めで、肉体関係の成立=成婚とみなす、という結婚相談所のほうがとりあえず…で肉体関係を求める男性は少ないでしょう。私も会ったことがありません。

結婚する気もないのに肉体関係を求める。結婚する気もないのに金銭を要求する。結婚する気もないのに一応キープしておかれる、など。
結婚したいと思って出会いを求めている以上、リスクはどこにでも存在します。
最終的には、どこで出会ったかより、ご自身の相手を見る目が重要になってきますね。

見る目に自信があれば、リーズナブルで出会いの多いネット婚活でも十分活動できますし、自信がなければ仲人タイプの結婚相談所の活動が向いていると言えるでしょう。

仲人タイプの結婚相談所で頑張ってみる?>>

基本的に女性には、ネット婚活をおすすめしたいです。
女性はインターネットでの婚活に抵抗ある人がまだまだ多いので、他の婚活方法に比べて女性の比率が低く、有利に活動できます。数ある婚活サイトの中でもオススメなのはユーブライドです。女性が2〜3割なので、他の婚活では苦戦する人でもモテます。

ユーブライドが女性にイチオシの理由>>