Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

昔ながらのお見合いにしろ、ネット婚活にしろ、結婚相談所にしろ、プロフィールから入るタイプの婚活では、写真が超重要!
適当な写真屋で撮った写真では反応いまいちで美人と言われることなどありませんでした。
えー、私こんな顔じゃない!(多分こんな顔です)と、不満たらたら。
婚活は写真が命!
婚活向けに奇跡の一枚をとってもらおうと、オプシスという変身フォトまで手がけるハイクオリティーな写真屋で、ヘアもメイクもばっちりやってもらい撮影してもらいました。オプシス婚活応援フォトプラン>>

ピンクを主体とした衣装のアドバイスから、つけまつげビシバシの写真映えを最大限に追求したメイク、優しいイメージになるようふわっふわにコテで巻いてもらいヘアー。前準備すごい。
撮影は、腕が細く見えるよう、顔がシャープに見えるよう、丁寧に角度をご指導いだたきました。
さらに、いい表情がとれるように笑わせてくれたり、気分良く撮影できます。
モデルにでもなったかのような気分。

奇跡の一枚? 奇跡というより、技術の上で作り上げられた一枚。
婚活云々置いておいても、比較的若い段階で綺麗に撮影した写真が残せて満足しました。楽しかったですし。
実の親に見合い写真として渡したところ、綺麗すぎて会ってみたら普通の人だってがっかりさせるんじゃないか…と心配されました。

でも、婚活用に撮影したのですし、間違いなく本人の写真です。なので、ちょっと心配しつつも、各種登録に使いました。
おかげさまで、申し込みはそこそこありました。
美人ですね、写真に惹かれました、と言われることもありました。
写真館でメイクとかしてもらって綺麗に撮ってもらった、実物より綺麗に撮れてるから! と伝えるようにしていました。

で、会ってがっかりされたかというと…。
まあ、露骨にがっかりした人はいましたね。
待ち合わせの時にわからなかった、とか、誰と話しているのかなあ…イメージ違うなあ…と面と向かって言う人もいました。そういうことを言う人に限って、ご自身も数年前の写真かなあ? っていうイメージ違ったりしましたが。

引き続き会いたいと言ってくれる人もいましたし、一回で断れることもありました。
体感としては、写真交換せずに会った人、普通の写真を使って会った人、のほうが気に入ってくれた率がやや高かった気がします。
細かく記録していたワケではないので、私自身が後ろ暗くて、そう感じるだけかもしれません。

とはいえ、写真がいいほうが、会える率は上がります。
ですが、期待値をあげすぎてしまい、会った時に騙しやがって! なんて相手に思わせてしまってはうまくいかないでしょう。
何より、相手が露骨に不満そうだと、自分が傷つく!←コレ重要
ですが、会えなければ始まらない…。

普通の写真でもまあアリかなって思える相手からほどほど承諾がもらえる人、申し込んでもらえる人は、無理にレベルあげた写真にする必要はありません。お見合いまで行けるのなら、実物のほうがいいと思ってもらえるほうが得です。
特に、断られる相手に時間を割くのは嫌、必要以上に傷つきたくない、という人は普通の写真にしたほうがいいです。

ですが、断れる相手に時間を割き、必要以上に傷つくのが婚活です。
会うことがスタートなのに、会うところまで行けない…。
もっといろいろな人と会うチャンスが欲しい…。
現状に不満がある人は、ハイレベルな写真屋に行き、奇跡の一枚の婚活写真をGETしてみてはいかがでしょう。