Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

インターネットであちこちのサイトを見ていて、実感と違うなあ…と感じる点があります。

それは、女余りで、婚活では30代の女性は苦戦するというもの。
流れとしては、
20代男性は20代女性を求め、30代男性も20代女性を求め、さらに40代男性も20代女性を求める。
そして、30代女性と結婚するくらいなら、独身でいいと考えている男性が多いというもの。

そこまで、身の程知らずな男性が多いかしら? 
身の程を知った上で、30代と結婚するくらいなら一生独身でいいやと思えるものかしら?

管理人が37歳まで体験した婚活は、まだ産めるから成婚可能と複数の結婚相談所で言われました。ただし、1年ごとにすごく厳しくなるから今が最大の頑張り時とも言われましたが…。
実際、婚活していても、それなりに会うことができました。
まあ、20代女性に比べればモテモテとはいかないし、会ってみてがっかりするような人だったことも、相手からがっかりさせたことも多数ありましたけども。

苦戦といえば苦戦かもしれませんが、意外に強気で行けたというか、男性のほうが苦戦している印象が強かったです。お会いした男性から、全然会えなくて…と聞くこともよくありましたし(それを今会っている相手に言うかー? というのは置いておいて)。

島根の公務員限定婚活の件では、いままで女性は定員割れだったのに相手が公務員限定になったと途端募集が殺到していましたが、結局これが全てなのではないでしょうか。

条件のいい相手しか眼中にないから苦戦するんですよね。
20代男性は20代女性を求め、30代前半男性も20代女性を求め、条件のいい30代半ば以降の男性も20代女性を求める。これなら、実感として合っているし、男性が身の程知らずというほどでもないなあと。

身の丈に合った相手を探す分には、30代女性は十分に戦える年代です。
ただ、私は婚活していて、毎日がとにかく苦しかった。
婚活サイトの場合、どうでもいい相手とメールして、会うところまで持っていって、あげくがっかりしたりがっかりされたり。時間をかけて、期待が大きくなればなるほど、ダメだった時の疲労度は半端なかった。
そこそこ気に入られて、でも自分はそうでもなくて。そんな相手に時間を拘束されて、早く帰りたい…もう嫌だ…が心の中で渦巻いたりする。何とかいい面を見ようとするも、心が拒否して、嫌だ嫌だが渦巻いて。ぐったり疲れちゃうんです。
相手を気に入ったら気に入ったで、今度は相手の反応の薄さに苦しんだりして、なかなかうまくいきませんでした。

婚活サイトでネット婚活をしてみる?>>

それでも女性には、ネット婚活をおすすめしたいです。
女性はインターネットでの婚活に抵抗ある人がまだまだ多いので、他の婚活方法に比べて女性の比率が低く、有利に活動できます。断るのも疲れますが、断られて鬱々するよりはマシですよね。数ある婚活サイトの中でもオススメなのはユーブライドです。女性が2〜3割なので、他の婚活では苦戦する人でもモテます。

ユーブライドが女性にイチオシの理由>>

仲人タイプの結婚相談所は断ったり、断れたりの面ではまだ楽ですね。申し込みや承諾は仲人さんが代行してくれますから、会っていいか悪いかだけ。断る、断られる、も代行してくれますから、やきもきすることもあまりなく、苦しんでもほんの1時間かそこらの話。まだマシでした。
それもチリも積もればで、数こなすとぐったりしてきちゃいますけどね。

仲人タイプの結婚相談所で頑張ってみる?>>

婚活地獄って言葉があるみたいだけど、ほんと、毎日地獄の苦しみの中にいたなあ。
婚活で苦しいっていうと、拒否される面のほうがクローズアップされがちだけど、拒否するほうも苦しいし、何がどう苦しいとか単純な問題ではないのでしょう。
ただひたすら、毎日苦しい。そしていつ終わるかわからない…。
運命の人と巡り会えるか、すっぱり諦めという形になるか、いつか終わりはくるのだけども。