Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

出会い系サイトが婚活サイトと真面目な形を装い、カップリングパーティーが街コンのように敷居の低いものとなり、何より婚活という言葉が市民権を得たことで、10年くらい前に比べればかなり参加しやすくなりました。
近所の人や親戚がお見合い話を持ってきてくれて、あれよあれよという間に誰も彼もが結婚していた時代は終わり、これからは婚活して相手を見つけることが主流になっていくように感じます。

子供が大きくなった時に両親の出会いのきっかけを聞かれたらどうしようかなーなんて思っていましたが、正直に婚活サイトだと言ってもドン引きされない世の中になっていきそう。

ここ十年くらい、婚活したり、しなかったりで過ごしてきましたが、思えば婚活にまつわるアレコレは、大きく変化したと感じます。
まず、オープンに婚活している人が周りに増えた!
特に男性はオープン。
友達同士で誘い合い婚活イベントに行くようなことも、珍しくはないようで。
女性は…まだまだオープンとは言い難いかな…。私もこそこそ婚活してましたし。
そして、類友なのか、婚活をオープンにはしていないけど、婚活して結婚する人は結構いるという。
でもオープンにしている人のほうが、成婚は早いです。
それも、いつまでに結婚する、とはっきりと。
希望や目標は口にしたほうが叶うものなんです。
魅力があって自信があるから、口にできるのかもしれないけどね。
婚活に関しては、自信がなくても結婚したいって言っちゃったほうが、出逢いの糸口は多少なりとも増えるし、何より自分を追い込むことになるからオススメです。

婚活は鬱にならない程度に自分を追い込んで、短期決戦が一番ですよ。