Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

婚活している時、お仕事はどのような状態ですか?

男性の場合、落ち着いている。
女性の場合、落ち込んでいる。

というパターンが多いように思います。
真面目な男性は、生活が安定しないと、結婚や子どもまでは考えられないようです。
逆に女性は、先が見えないから結婚に救いを求めるパターンも多いでしょう。
十分やる尽くして先が見えないキャリアウーマンも含めて。

私は落ち込んでいる時に婚活しましたが、不安定な職というと明らかに引いている男性はいましたね。
正社員で働くのが普通…とごにょごにょ言われたり、寄生する気じゃないよね、とあからさまに言われたり。
もちろん、気にしない男性もいましたけどね。

本音を言えば養って欲しかったですが、条件や外見的にいいなーと思う男性は、選べる立場だからか、引くタイプが多かったですね。

生活を安定させてから再度婚活に挑みましたが、結婚後もそのまま働きたいというと「子どもできたらどうするの?」と驚かれたこともあります。

つまり、どちらにしても引く男性はいるんですね。
仕事を安定させてから…なんて考えていないで、どんどん活動し、どんどん会って行ったほうががいいです。
男性にとっても、仕事より、若さや容姿のほうが重要なんです。

とはいえ、男性の年収が低くても候補に入れられるかどうかは、ご自身の年収や安定度にかかっています。
例えば男性の年収が300万でも、女性が産休育休をとって復帰できる年収300万なら、大きな障害になりませんから。

男性の場合は、不安定職で婚活は……。
うーん。先に転職することをお勧めします。

婚活で不安定職の人に会ったことありますけど、一人は年上容姿難ありのため即お断り、一人は年下のイケメン(笑)だったので将来性も加味して前向きだったのですが、こちらが断られました(苦笑)。
男性も、若さや容姿でヨシとする女性に会えば、どうにかなりますが、職を安定させてからのほうがご自身に釣り合った女性と結婚できると思います。