Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

管理人が登録したことがある仲人型結婚相談所は…

無料の市の結婚相談、NPO法人の運営する地元地方都市の結婚相談所、全国ブライダル連盟(BIU)加盟の地元の結婚相談所、一部地方都市に拠点がある、比較的ローカルな結婚相談所です。

4か所も登録したなら、さぞや費用が…と思われるかもしれませんが、下記の通りです。
市の結婚相談:無料
NPO法人の結婚相談所:35,000円(成婚時:50,000円)
BIUの結婚相談所:30,000円 (お見合い時:1回5,000円/成婚時:100,000円)
ローカル結婚相談所:無料(成婚時:324,000円)

結局、上記では結婚しなかったので、8万くらいで収まりました。
まあ、8万捨てたと言えば捨てたんですけど、まあ仕方ないかなと。
データマッチング型結婚相談所のZweiも過去に活動していましたが、トータル費用半分以下ですし。
Zweiは三十代女性向け

女性の場合は、探せば安く活動できる相談所はありますね。
ただ、BIUのところはたまたま合う人と巡り会えなかっただけだと思えたのですが、他は…うーん。うーん。うーん。
お金と…何より時間を無駄にしたかなあ…。

ざくっとどんな感じだったか書くと…
市の相談所:写真見れない、年収、会社名もわからないという。
しかも…たまたまかもしれませんが、失礼な人に当たってしまった。

NPO法人の結婚相談所:最初の1回3人しか、紹介がなかった。あとはイベントの案内しか連絡こなかった。
一人お会いしましたが…うーん…。

BIUの結婚相談所:ここはわりとよかった。二人お会いしました。
条件はとってもよい方でした。
実は登録手続きしてから活動開始までの間に今の旦那と出会ってたので、あまり本気でなかったんですよね…。
相手の方ゴメンなさいでした。

ローカル結婚相談所:びっくり!! 女性にお見合い拒否権がない相談所でした。お見合い開始の5分前にプロフィールはじめて見る、という。1日に複数人見合いセッティングされるので、たくさん出会えました、が…。
拒否権あれば絶対会わなかったという条件の方が8割でした。年齢が上過ぎる人がほとんどで、年収私より低かったりする人もいたし、同居希望も多く…。
「なんで選んでくれたんですか?」なんて質問されて、いやいや選んでないですから!! と心の中で突っ込み。
「歳離れているけど、気にならないんでしょうか」気になるに決まってます!!
「農家というのは承諾されてお会いしてくれたんですよね」農家ないない!!
費用は無料でしたし、全てが却下なお見合いではありませんでした。条件まずまずな年下とか、イケメン君とかもいましたしね。
が、とにかく疲労感半端なかった…。あと、男性を騙しているような罪悪感もあった……。
男性はお見合いのために1万円払っていたようなので、会う前から却下って酷いよねぇ。
でもだからと言って、かなり年上低年収しかも同居希望の男性を検討範囲に入れられるかというと…ゴメンなさい。

 

まあ、こんな感じだったので、安いからという理由で結婚相談所を選ぶのはオススメしません。
大手か、少なくとも大きな組合に所属しているところのほうが安心でよい出逢いがあるように感じました。
もちろん、全ての小規模結婚相談所がダメなワケではないです。
行動を始めるのは1日でも早いほうがいいですが、資料を見比べたり、足を運んだりする部分は、惜しんだらダメだと思います。
ネット婚活かイベント婚活をしつつ、結婚相談所もじっくり吟味していくのがいいと思います。

安心という点では落ちますが、女性の場合はネット婚活のほうが男女比率的にモテるので、有利に活動できますしね。
中でもユーブライドは、女性の比率が20〜30%と圧倒的に有利です。無料でもかなり活動できるので、検討してみてはいかがでしょう。ネット婚活への警戒が薄くなれば(用心は必要ですが…)、結婚相談所探しも必要なくなるかもしれません。

ユーブライドが女性にイチオシの理由>>