Posted カテゴリー:婚活雑記, 未分類.

男性が結婚するメリットって、実際多くないですよね…。
家事は食洗機やルンバや乾燥機付きのドラム式洗濯機で、かなり自動化できている。
いいか悪いかは別にして、性的な面は、女性の貧困化で安い値段で若くて可愛い子がその場その場で買えてしまう。そこまでいかなくても、ネットやDVDで手頃に性的欲求を解消する手段が沢山ある。
以前は世間体のためにも結婚したほうがよかった。出世に響くとか言われていた。
独身者も市民権も持ち出した今では、出世に響くような会社は少ないでしょうし、逆に家庭など持たず休日返上で夜遅くまで働いてくれたほうが都合いいっていう会社もあるでしょう。
ご近所を見渡せば、あそこの子も独身、あちらの子も独身。
親戚にも、同じく独身のままの人が一人や二人いるでしょう。
メリットないのに、自由に使えるお金大幅に減るとかやってられませんよね。
そこで経済力のある女性との結婚を希望するのは、理にかなっています。

女性の結婚には、経済的な面でのメリットがある。ただ、そこそこ働いている女性も大きなメリットはないんですよね。
ただし、一度も結婚していない女性に対する「世間体」のシンドさは未だに女性には大きく降りかかっています。男性は未婚を選んだという見方もしてもらえるけど、女性は選ばれなかったという見方をされがちだから。プライド高い女性ほど、結婚できなかったというレッテルは重い。アラフォーにもなるとバツイチのほうがまだ女性として魅力があった…と言えなくもありません。

婚活している人は、男女ともに子どもが欲しいからっていう理由で動いている人が多い。
そして、離婚したら、大抵の場合、子どもは妻側が引き取れる。子どもの年齢にもよるけど、よほどの理由がない限り、父親と暮らせるようにはならない。経済的なフォローだけして、たまに会うだけになっているお父さんなんて世の中たくさんいる。
芸能人の女性なんて子ども一人産んで離婚、ってデフォルトスタンダート。
看護師とか、経済力のある女性にも多いよねー…離婚。
結婚して子どもを得るというメリットを得て、すぐ離婚しても、女性側が失うものって少ない。嫌になったら、はい、さよならー…。少なくとも、家事も育児も女が、しかも稼ぎは同等、となったら、別れても仕方ないでしょ。
今時離婚なんて、4組に1組。
年齢にもよるけど、ずっと独身でいるよりバツイチのほうが肩身狭くない世の中なんです。
男性にとって結婚するデメリットの少ない女性は、離婚されるリスクも高めになってしまうという。経済力のある女性には離婚のデメリットが少ないですから。

男性も、子どもが産まれてくれて、たまに会えればそれでいいやー…って考えならお互いさまなんだけど、子どもが産まれたら可愛くなって一緒にいたくなるのが大抵の親。
経済力が弱めの女性のほうが、別れたら困る分、離婚しなくていいようにお互い努力します。家事育児は協力できそうもない人は、経済力のある女性は選ばないほうが長い目で見れば幸せに暮らせそうです。経済力が弱い男性の場合は女性の経済力は必須だけど、家事育児を同等に頑張るのも必須でしょう。