以前、Zweiツヴァイで活動していました。悪くないです、Zweiツヴァイ。
管理人は1年ちょっと活動して、月2人は最低会ってました。
ハイスペさんばかりで平凡な私とは合わないタイプが多かったけど、あの時もうちょっと頑張っていれば今頃子沢山の専業主婦していたかも、なんて時々思います。

Zweiツヴァイの活動の流れ
一番ベーシックな活動方法は、自分の条件と相手の条件がマッチしている人のPiというプロフィールカードが郵送で送られてくるので、それを見て申し込んだり、申し込まれたりします。
Piでは写真を見ることができません。一部同意者のみネットでも閲覧できますが、基本的には支社に行って写真を閲覧することになります。

Zweiツヴァイのイマイチなところ
支店が遠いと、これが結構やっかいです。婚活していると、時間もお金も惜しくなったりするのです。
特に、会うことになるかどうかもわからない相手に割くのは…。
Zweiは電車で1時間かかる、というような場合には、残念ながらZweiでの活動はオススメできません。
もっとも、大手相談所の支店がある地域はどこの都道府県も似たかよったかなので、結婚相談所で活動したいという方は、腹をくくって通うしかないですが。
申し込む前、あるいは申し込まれて承諾する際は一度は相談所に顔を出すというところがほとんどです。

ZweiのライバルO-netは、来た申し込みに承諾すればネットで閲覧できますから、その点は楽ですね。
支店が遠い方は、ネット婚活O-netのほうがオススメです。

Zweiツヴァイのいいところ
では、Zweiはどこがいいかというと、相互マッチング制なところ。
ネット婚活にしろ、結婚相談所にしろ、自分が希望する相手を見つけて申し込む形になるところが主流です。
相手の希望を閲覧することはできるけど、そこで遠慮してやめるか、申し込むかは申し込む人次第。
ごく平凡な40代男性が美人20代女性に申し込むことだって、できてしまいます。
そこを魅力に感じるか、それはちょっとと感じるかは人によるかと思います。
希望に掠りもしない人からの申し込みは心が疲れるという人や、自分のプロフィールが誰に見られるかわからないのが嫌という人もいますよね。万が一、知り合いが同じ系列の相談所に登録していて、見られたら嫌ですしね。
こっそり、地道に、安心して活動したい人にはZweiは向いています。

法人会員が多く、大手企業の男性が多いのも、女性には魅力。
会員数も、男性のほうが多く、年代も30代が主流。
三十代女性が安心して頑張れる土俵が、Zweiにはあります。
ネット婚活に比べて、書類の提出義務があるから、経歴、年収等も真実に近いです。
※Zweiの年収は月収ベースで計算され、訂正しなくても大丈夫のため、減給やボーナスが少ないなどの理由で現実より多く表示されるケースもあります。転職していてもプロフィールを訂正せずに活動できてしまいますので、100%ではありません。

結婚相談所とはいえ、基本は本部は放置。
申し込みも、承諾も、その後のお見合いの段取りも、デートも、結婚の申し込みも自己責任で行うことになります。
ネット婚活との違いは、身元保証、お互いの希望のマッチング、メールで様子見がなくいきなり会う…くらい。
(O-netに至っては、身元保証くらいしか違いがない…)

とはいえ、何かと怖いニュースが多い昨今、身元保証は大事ですよね。特に女性は、見ず知らずの男性と会うのは怖いと思います。本名や住所は非公開だからといって、必要以上に情報を晒したくないのも、女性に多いですよね。
Zweiは、女性のニーズにマッチした結婚相談所だと言えます。

ツヴァイ公式サイト

ネットからの来店予約で5%お得になります
ツヴァイの「予約割」

さらに安く入会する裏技が…
ツヴァイの株主優待を使えば、入会時にかかる活動サポート費56,000円(税込60,480円)が半額になります。株主優待はヤフオク!などで、500円程度で入手可能。ひと手間で、3万円くらい浮いちゃいますっ。
ヤフオク!